〝地域就労を支える会〟は、地域で就労している障がい者が安定的に社会生活を送り、将来にわたって自律的に地域での暮らしが営めるための環境づくりと福祉向上を目的として、社会福祉法人はるにれの里が運営する、就労移行支援事業所あるば及び石狩障がい者就業・生活支援センターのいけると共に取り組みを進めています。,保護者会,障害者,障がい者,障碍者,地域で暮らす,



地域就労を支える会について

 

 「地域就労を支える会」のこれまでを振り返ると、就労移行支援事業所「あるば」は2006年(平成18年)10月制度改正で障害者自立支援法により新たに就労移行支援事業ができ、それまでの通所授産施設ワークセンターポロレ石狩新港分場から独立しました。さらに家族会については、それまで石狩市障がい者支援センター保護者会に属していましたが、就労移行支援事業所「あるば」が事業所として独立したこと、利用者については2年という有期限での利用形態により構成が随時変わるなどから、家族会としての独立が必要となり、2007年(平成19年)7月「あるば保護者会」が発足しました。さらに、利用者が事業所から一般就労等に巣立っていく中で、独自に「就労援助室あるば」として、その後の就労定着支援を進める中で、家族会のあり方も単に「あるば保護者会」としてではなく、広く地域で就労する彼らを支える会として、2011年(平成23年)5月に就労移行支援事業所あるば保護者会から「地域就労を支える会」へ移行しました。

 2020年度(令和2年)は特に地域就労を支える会の今後について、各会員から「会に期待すること」「会の今後について」等の意見集約し、色々と検討を重ねてきました。役員体制も含め会を継続して進めていく上では、会の役員体制や活動をもっと緩やかに、また、会の構成ももっと広く会の趣旨に賛同する個人・団体を対象として、世話人会という形に変えて2021年(令和3年)6月から活動を進めています。

 

地域就労を支える会

世話人代表 上原さゆり




地域就労を支える会(事務局:就労移行支援事業所あるば)

〒061-3201 石狩市花川南1条4丁目225 カナオカビル3階

TEL(0133)72-1601/FAX(0133)77-6030