《石狩事業所》石狩市花川南1条4丁目225    0133-72-1601

《札幌事業所》札幌市西区西町南7丁目1-41  011-676-5145



🔲就労移行支援事業

就労移行支援事業は、障がいがある方の一般企業への就職に向けたサポートをする障がい福祉サービスです

がい者手帳(知的・精神・身体)を所持している方、また、手帳の有無に関わらず発達障がいや難病の方も対象として、医師の診断や自治体の判断などで、対象となる方が就職に向け困難さが認められる方が利用できます。

〔参考〕就労移行支援事業(出典:光瀬労働省)[PDFファイル241.7KB]

🔲就労定着支援事業

就労定着支援事業は、平成30年年4月からスタートした、改正障害者総合支援法に基づくサービスです。一般就労をしている障がいのある方が職場に定着できるよう、福祉サービスを提供する事業所が定着に向けたサポートを行ないます。 

◉あるばの起源

あるば」の起源は、平成17年4月に遡ります。社会福祉法人はるにれの里の「就労を支援する部門」として開設され、平成18年10月の障害者自立支援法の施行に伴い、「就労移行支援事業所あるば」として再スタートしました。あるばの特徴の一つである、働き続ける事を専門的に支えるサービスを、独自事業(私的契約サービス)として提供する「就労援助室あるば(現キャリアセンターINTAS)」も平成17年4月から併設しています。

「一般企業で働くこと」を目指す方が、就職から働き続ける為に必要な力を習得し、働く事を通して充実した生活を実現できるようにサポートしています。一人でも多くの方が、ご自身に合った仕事や職場に出会い、ご自身の持ち味を生かして働けるよう支援に当たっています。

◉2つのあるば

就労移行支援事業所あるばは、2か所(あるば石狩/あるば札幌)で展開をしており、両事業所は一体となったサービス提供をしています。利用されている方のご相談内容により、最も効果的な支援のプログラムを個々人に合わせたサポートを基本としております。

🔗あるば石狩(石狩事業所)

🔗あるば札幌(札幌事業所)