🔲あるばについて


「あるば」は、平成17年4月に障がいがある方の就労をサポートする部門として開設され、平成18年10月の障害者自立支援法の施行に伴い、就労移行支援事業所「あるば石狩」として再スタートしました。
その後、平成25年3月に札幌市西区に「あるば札幌(従たる事業所)」を開設しました。また、あるばの特徴の一つである、「働き続けることを専門的にサポートする」という考えのもと、私的サービス事業の「就労援助室あるば(現キャリアセンターINTAS)」も平成17年4月から併設しています。
職業スキルだけではなく、社会人としての振る舞いや就職に向けた各種準備のためのトレーニング、職場における適切な振る舞いを意識し行動できるスキルの向上など、働く上で、また、社会生活を営む中で必要となる様々なトレーニングプログラムを提供しています。さらに、就職するためのトレーニングに加え、働き続けるために必要なスキルや心構えを習得(意識できるよう)できるように、職業観やキャリア発達という視点を取り入れ、生産活動や企業でのインターンシップ、講座なども提供します。
「一般企業で働くこと」を目指す方が、働き続ける為に必要な力を習得し、働く事を通して充実した生活を実現できるようにサポートしています。一人でも多くの方が、ご自身に合った仕事や職場に出会い、ご自身の持ち味を生かして働けるようサポートします。

🔲就職までの流れ(イメージ)


① 様々な活動に参加して頂く中で、個人個人に合わせた訓練メニューをご提供します。

② 幅広く揃えたメニューから、支援員が相談やアドバイスをしながらご本人と一緒に訓練プログラムを組み立てます。働く力や職業意識の他に、生活する力や社会性等、心身両面をサポートします。

③ 就職活動や次のステップに向かう準備をします。一般企業への就職を予定する場合には、ハローワークの求人情報から支援者と一緒に適職を探したり、企業説明会、相談会等へも参加して企業と接点を持つことになります。

➃ 就職活動として、企業面接、入社試験、企業見学、事前実習などを行い、具体的な進路(就職先)を決めていきます。

⑤ 一般企業への就職が決定!

⑥ 安定・安心して働き続ける事ができるよう定着支援がスタート。